OOK88_inoruookawasan_TP_V1

意中の女性がいるがどうしてアプローチしていいのか分からない、
そもそも多くの男友達や同僚の内の一人としてしか見られていないから何とかしたい、と悩んでいませんか。

女性に特別な存在として認識してもらうには、ちょっとしたコツがあります。
女性は基本的に受け身であるため、こちらから好意があることを見せるとよほど論外な男性でなければ、少し意識をしてくれるものなのです。
そこからはアピール次第ですが、この男として品定めの棚に並ぶということが非常に重要といえます。

そこで、今回は”女性に好意があることを見せる方法”を紹介します。

女性と一回話した細かい情報を覚えていることをアピール

OOK85_naisyodayo_TP_V1

誕生日、高校時代の部活動、好きな料理、何でもいいです。

「そういえば、もうすぐ誕生日だね」
「○○さんてバレー部だったよね。今回のワールドカップ見てる?」

というように、さりげない会話に過去の情報を出して女性との会話を覚えているアピールをしましょう。
よほど鈍感な女性でなければ【私に好意があるのでは?】と思ってくれます。

飲み会などで同じ物を注文する

PAK75_kanpaishiyouyo_TP_V1

「私、カシスウーロンで」と意中の女性が注文したら、すかさず

「じゃあ。僕も同じので」と注文しましょう。

女性の行動を気にかけているから出来ることであり、一緒のものを飲みたがるという行動が相手の女性に好意として伝わります。

まとめ

以上のように、女性に【私に好意があるかも?】と思わせられれば、多少なりとも女性も意識をしてくれます。そこで、初めて恋人候補として品評の対象になることも多いのです。

女性が受け身であることと、自分に好意があるか分からない男性には積極的になれない生態を理解しましょう。モテる男性はいつの時代も積極性に富んでいるといえます。
スポンサードリンク