BIS151026203694_TP_V1

以前に女性と男性の理想的な会話比率は7対3と記事で書きましたが、会話の内容自体にも女性と男性では大きな違いがあるのをご存じですか?

男性の会話は情報の伝達や結論を目的としているために単刀直入なのに対して、女性は相手との信頼関係を築くために、特に目的のない"おしゃべり"に興ずる傾向にあります。
ゆえに揉め事の元である結論はわざと出さずに次から次へと会話を変えていくことが多いです。

そこで男性が「で、どうなったの?」「え?落ちは?」などと野暮なことを聞いてしまい男女間の摩擦を生んでしまうこともあります。

さらに女性は物事をやんわりと伝える傾向にありますので、そのことを理解しておくと、女性心が分かる男性と評価してもらえるでしょう。

今回は女性が遠回しに伝えたい時の表現方法とその真意を紹介します。

「彼氏との関係は微妙かな……」
乗り換える気があるのよ

「AKBって可愛いですよね」
あなたはそういう趣味なの?

「マイペースですね」
私とは合わないわ

「モテそうですね」
何かチャラそう

「個性的ですね」
我が強いわね

「どんな女の子がタイプなの」
私はあなたがタイプです

「お仕事は何してるのですか」
年収はいくらなの?

「また、暇が出来たら連絡しますね」
今後、あなたとは遊びません

「みんなでわいわい楽しいことがしたいね」
二人では無理!新しい男紹介してよ

「宅飲みとかもいいですね」
あなたとならいいわよ

「お酒は嗜む程度です」
ガンガンいけます


以上のように、女性の言葉に隠された真意を知ることは女性心を掴む上で大切といえます。
世のモテる男性は男女間の会話の違いや比率を知り尽くして行動しています。参考になれば幸いです。
スポンサードリンク