TAKEBE160224540I9A0512_TP_V1

出会いは別れの始まりと表現されることもあり、男女間の恋愛において別れはつきものです。
しかし大好きな彼女とはできるだけ長く一緒にいたい、結婚も考えている、そんな男性にとっては別れは受け入れがたいものですよね。

突然、別れを切り出されショックと焦りでパニックになってしまった。そんな経験ありませんか?

ところが突然と捉えているのは男性だけで、実は女性側からは何らかのサインが出ていることも多いのです。
もし、女性から出される別れの前兆サインにいち早く気付き、改善策を練ることができれば、関係を修復できる可能性も上がります。

そこで今回は、女性から出される別れの前兆サインを紹介します。

貸しを作りたがらなくなる(危険度:小)

別れを考えている女性は、貸しを作る行為を敬遠することが多いです。
今までは素直に応じていた物を借りることを嫌がったり、奢ってもらうことを頑なに拒否して割り勘にしたがったりすると別れのサインかもしれません。
まだ、そこまで危険度は高くないので、引き止めることができる段階でしょう。

LINE(ライン)やメールのやりとりが以前よりも遅い(危険度:中)

気持ちが離れつつある女性は気が乗らないなどの感情を優先することが多いです。
元々頻繁に連絡する関係でないのなら問題はありませんが。
もし毎日の何気ない出来事も報告し合うような関係のカップルだったのに、彼女の返信が遅れることが多くなったのであれば、それは別れの前兆である可能性があります。
危険度はやや危険といったあたりでしょうか。他に男性の影がないか、会話などから探りを入れてみましょう。

デートのドタキャンが増える(危険度大)

やたらと風邪を引くようになった、今週も歯医者を急遽予約したと言われた、などが続くようなら意図的に会いたくない可能性が高いです。早くしないと関係修復が難しい状態です。
思いきってストレートに「最近、冷たく感じるんだけど。何かあった?」と聞いてみるという博打に出るのも悪くない状態です。好きな男性が他に現れたのでなければ、修復できる可能性も残っています。

スキンシップやキスを拒む(危険度:特大)

ほぼほぼ、気持ちが離れてしまった末期症状ではこのようなサインが出ます。ここまでくると鈍感な男性であっても異変に気付くことが多いです。
しかし、よほどのことがないと持ち直すことは難しいでしょう。それでも、何とかしたい男性は普段行かないデートに誘ってみるなど、今までにない自分を見せられるように努力しましょう。

やたらと粗探しをする質問や喧嘩を吹っ掛けてくるようになった(危険度:MAX)

もはや別れを切り出してもらいたいという意図すら感じるこのような行動出てきたら、修復不可能といえます。この状態になれば、別れたい意思は強いので、一旦別れを受け入れましょう。
どうしても彼女が忘れられないのであれば、別れてから距離を置いて復縁を狙う方が可能性が高いといえます。
そこで、最後に別れたい原因を聞いておくのがベストです。それが復縁の突破口になることも多いでしょう。

まとめ

以上のように、女性が別れを切り出す前には多かれ少なかれ特有のシグナルが存在します。
常に彼女の変化に気を配り、早い段階で手を打つことができるように心掛けましょう。モテる男性は敏感なアンテナを常に張っている男性といえます。
スポンサードリンク