こんにちわ、激モテくんです。

近頃、暑い日が続いていますね。みなさん、熱射病には気を付けてください。水分だけじゃなく、ちゃんと塩分を取った方がいいみたいですよ。

今回は好きになった女性となかなか付き合えない。そんな男性に向けて「ターゲットを変えてみるのもありではないですか?」というお話です。

人が好きになるような女性は魅力的で人を引き付ける女性であることがほとんどです。
しかしながら、その分ライバルも多く、なかなか多くの男性の中から選んでもらうのは困難です。

そこでライバルが少ない女性に標準を変えると付き合える可能性が上がるのです。

しかし、何もイケてない女性で手を打てというわけではありません。

実はライバルが少ない、モテていない女性にも高スペックの素敵な女性がたくさんいるのです。

そこで今回はライバルが少ない狙い目女性のタイプを紹介します。

自分のかわいさを自覚していない原石女子

かわいい、キレイな女性には、自分の容姿に自信を持ち最大限に活かしてくる女性がいますよね。アイドルなどはその最たるものです。
しかし、まだ自分の容姿端麗さに気付かずに地味な服装を選び、男遊びも知らない。そんなダイヤの原石のような女性は存在します。
みんながただの石ころだと思っているうちに拾って磨く。それが最も効率的ではないでしょうか。

☆原石女子の見つけ方

MOM151117041044_TP_V1

原石女子の性格や育ってきた環境を考えると見付けやすいかもしれません。
悪い男が近寄らないように中学ー高校ー大学と女子校で育ってきた、いわゆるお嬢様と呼ばれる女性たちには原石女子が多いです。
そして、そういった女性が好みそうな習い事や社会人サークルに入ってみるのもひとつの手ではないでしょうか。

マイナス面を抱えている女性

元々のスペックは高いにもかかわらず、何かしらのマイナス加算によりモテていない女性もライバルが少なく、狙い目といえます。
たとえば、美人で気立ても良いが結婚と縁がなく30歳を越えた女性。
またはバツイチ子持ちなど、女性が自分に負い目感じている場合は、恋愛から遠ざかっていたりします。
しかし、そのすべてを包み込む度量がある男性であれば、こういった女性に狙いを定めることもできます。

マイナス女子の見つけ方

TAKEBE160224560I9A0733_TP_V1

恋愛から遠ざかった女性は恋愛以外に人生を見いだしてることが多いです。
好きな絵を見たり、観劇に没頭したり、芸術観賞に傾倒していくことも特徴といえます。
近場で開かれている個展に顔を出したり、ワークショップと呼ばれる社会人の演劇サークルなどがオススメです。※モテる趣味】を選ぶと人生が変わる。も参考にしてください。


以上のように、ターゲットを変えるだけで驚くような美人と付き合えたり、付き合った後に彼女が大化けしたりと視点を変えるメリットは大きな成果をもたらすかもしれません。
スポンサードリンク